メニュー

測定業務

管路の水圧・流量・水質などの施設現況を的確に調べることで、各種情報を収集・整理します。

  • 水圧測定
  • 水圧測定
  • 水圧測定

水圧測定

水圧測定器(データロガ型)を使用します。消火栓に1~7日間設置することで連続した水圧変動を記録します。水圧の最高・最低・平均を把握したり、急激な水衝圧も測定できます。
※管網計算の検証等に利用
※直圧給水対策等に利用
※施設の全体把握に利用

水圧・音圧同時測定

水圧・音圧同時測定

音圧・水圧測定器(データロガ型)を使用します。消火栓に1~2日間設置することで連続した音圧と水圧変動を同時記録します。音圧・水圧の最高・最低・平均を把握したり、急激な音圧変動や水衝圧も測定できます。
※大口需要家付近の管路に設置
※大型受水槽付近の管路に設置

流向・流速測定

流向・流速測定

データロガー機能を搭載した流方向計を使用します。流向・流量を表示・記録する機器です。ボール式消火栓・分水サドル等よりセンサーを挿入して使用します。記録したデータは専用ソフトでグラフ化・保存することができます。

肉厚・スケール測定

管厚測定

主に経年による管体劣化の診断を目的として管厚を測定します。測定は超音波厚さ計を用いて管の外部から実施するため断水や抜管の必要はありません。測定方法としては対象の管を掘削して露出させ、管のひとつの横断面に対して上下左右斜めの8点で測定し、これを複数の横断面に対して実施します。また、管厚測定に併せて管体周辺の土壌も調査することで、より有効な基礎データとなります。

水質監視・測定

水質監視・測定

水質分析器を使用します。赤水などの原因となるサビや腐食の状況を把握するために、管路内の水を採取して調べます。据え置き型の水質監視装置を設置し監視する事もあります。

image 03

不断水管内カメラ測定

不断水管内カメラを使用します。ボール式消火栓・分水サドル等から内視鏡カメラを不断水で挿入し、内部のサビこぶ・継ぎ手のズレ・はずれ・管内の塗装の剥離状況・異物の混入状況等を調査します。
※調査可能距離(挿入口から前後15m)

Copyright©フジ地中情報株式会社All Rights Reserved. login